【天然鮎】小昼処「かにはさくら」鮎の塩焼き販売について

2022.10.3

Sample

子持ち鮎12日(水)~販売開始!


お客様に大人気の鮎の塩焼き。
10月3日(月)から10日(月)までは毎日天然鮎をご提供。
12日(水)からは、子持ち鮎のご提供となります。
子持ちは入荷が少なく、今シーズンのご提供期間は、短くなります。お早めにお越しください。
※販売価格は、鮎の大きさによって異なります。


やまと温泉やすらぎ館内「レストラン山法師」営業時間短縮のお知らせ

2022.08.25

Sample

「レストラン山法師」営業時間短縮のお知らせ

2022.08.25

出勤するスタッフ不足により
レストランを当面の間、下記の様に時短営業いたします。

午後4時 開店
午後9時 閉店(LO午後8時半)

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒宜しくお願い致します。

※尚、お風呂は通常通りの営業です。


ネット販売スタートしました!

2021.6.16

Sample

ネット販売スタートしました!

2021.6.16

ついに!当駅の商品を、ネットショッピングしていただけるようになりました。商品は「鶏ちゃん」「とろとろプリン」「手作りパン」と限られた品数ではありますが、当駅でしか買えない商品ばかり。
どうぞお気軽にお立ちよりください。

今後、少しづつ商品を増やしていく予定です。


Sample

古今伝授の里フィールドミュージアムでの結婚式も人気です

2021.6.16

道の駅から5分の「古今伝授の里 フィールドミュージアム」では結婚式も開催可能です。

お客様の多彩なニーズにお応えできる対応力を備え、これまで数々のご婚礼をお手伝いさせていただきました。
かけがえのない1日を、安心して心からお楽しみいただけるように。一つひとつのご要望を形に、最高の門出をプロデュースいたします。

「古今伝授の里フィールドミュージアム」ウエディングの一番の魅力は、二人だけのオーダーメイドなウエディングができること。
プランナーがご要望をしっかりと伺い、スタッフ全員でお二人らしさを大切にしたウエディングを全力でお手伝いします。
満足度の高い、いつまでも思い出に残る特別な一日をお過ごしください。

歴史的な伝統の背景と自然美に囲まれ、その静寂と美しい四季の風景が訪れるすべての人を和ませる。
ももちどり周辺のロケーションすべてがお二人のウエディングの舞台です。

福を招く花「福寿草」

2021.2.19

福を招く花「福寿草」

「福を招く」という、おめでたい名前。黄色が鮮やかに、一際目立つ存在です。
春を告げる花の代表である「福寿草」は元日草(がんじつそう)や朔日草(ついたちそう)の別名も持ちます。
縁起物の植物として古くから栽培されてきた歴史があり、江戸時代にも園芸品種が開発されていたようです。

花言葉は永久の幸福、思い出、幸福を招く、祝福。

レストランおがたまのテラスに、咲いています。
ご覧いただいた方のもとに、幸福が訪れますように。

春の妖精を探してみよう

2021.2.19

春の妖精を探してみよう

古今伝授の里やまとでは毎年2月の中頃に「節分草(せつぶんそう)」が咲きます。
節分草は直径2.5cmほどの小さな花です。
ブナ林など落葉樹の林床を好み、群生して咲く様子は地面にばらまいた星のよう。
「春の妖精」とも呼ばれる節分草の花の寿命は儚く、この花が咲いていられるのは3か月ほど。
木々が葉を茂らせる頃には、地上から姿を消してしまいます。

まだまだ寒い郡上ですが、節分草が咲くと「ああ、春が少しずつ近づいているんだなあ」と実感します。
儚い春の妖精を探してみてください。